メールマガジン登録

ステンレス鋼製バルブ

ステンレス鋼バルブは、耐久性に優れ、従来化学工場や石油化学工業などの分野で使われてきまし。しかし近年では、その耐食性・耐久性から対コストパフォーマンスの高さが認められ、一般産業の装置用や中水道、建築設備関係など、幅広い分野で採用されています。
当社ではステンレス鋼バルブを設計内容別にシリーズ化して、バルブの選択がしやすいよう配慮しております。製品には、各種規格を適用して製作された工業用バルブと、用途に応じて設計製作されたキッツ標準品とがあり、化学プラントなどには規格を適用したものが、一般の設備関係にはキッツ標準品が主に使用されています。
また、KITZステンレス鋼バルブは、徹底した品質管理のもと、鋳造から組立まで一貫生産されており、常に高品質のバルブをご提供しています。

特長

優れた耐食性・
耐久性

ステンレス鋼は含有するクロムやニッケルの働きにより、地金の表面に強固な不働態皮膜を形成し、腐食を防ぐとともに表面を保護する働きがあります。また、ステンレス鋼は機械的強度も高く、その耐食性・耐久性において、バルブ材料として極めて好適な素材といえます。

選定しやすい規格ごとの
シリーズ

製品には、JIS·ANSI/ASME·API等の関連規格を適用したものと、キッツ標準品があり、規格ごとにA·HA·B·S·C·E·AJ・Kの各シリーズに分けられておりますので、用途に応じた選定が容易にできます。

総合的な品質管理による
安定した品質

ステンレス鋼バルブは、当社の品質保証マニュアルに基づいた保証体制により、クロマイトサンド鋳型による鋳造から、高度に精密化・自動化された加工組立まで、各工程で厳しい品質管理体制の下に製作し、提供しています。

ステンレス鋼の優れた鋳造技術

圧力を内蔵するバルブにとって、主要部品であるボデー・ボンネット・ジスクなどの鋳物の良否は、製品の機能・安全性の点で極めて重要な要素です。このためキッツは、高品質の鋳物こそバルブの品質向上に欠かすことのできない基本であると考えています。

クロマイトサンド鋳型

当社は、ステンレス鋼バルブ専用の鋳造ラインを持ち、他に類を見ない高品質なバルブ鋳型を生産、製品をしています。
鋳型は一般にケイ砂鋳型を使用しますが、当社ではクロム鉱石のいわゆるクロマイトサンドを混合した鋳型を用いています。クロマイトサンドは、ケイ砂に比べ比重が約2倍あり充嗔性に優れており、これをさらに全自動造型機により1.47MPaの圧力で高圧造型していますので、鋳型は均一で硬度が高く、優れた精度を持っています。また、クロマイトサンドは冷却効果にも優れているため、鋳物の内部欠陥が少なく均一で精度の高い鋳物ができあがります。
さらに、クロマイトサンドには脱炭作用もあり、鋳物の表面から炭素を吸収しステンレス鋳物の耐食性を一段と向上させます。

各シリーズの用途と特長

KITZステンレス鋼バルブは準拠規格別に製品をシリーズ化して、ご採用の際にバルブの選択を分かり易く区別できるようにしております。

Aシリーズ

耐食性バルブとして多く採用されているシリーズで、設計基準はANSI/ASME B16.34、API 603、JPI 7S-58に準じて製作された軽量型で経済的なフランジ形バルブです。材料はタイプ304、316、316Lを標準としており、呼び圧力は150、300、600、10K、20Kをシリーズ化しております。使用先は化学工業、石油化学工業のほか、一般産業装置、建築設備にも使用されております。

HAシリーズ

API603に合致したバルブで、設計基準はAシリーズと同等です。

Bシリーズ

青銅弁、ダグタイル弁では、強度がたりない、耐食性がないなどの問題点を解決することからJIS B 2011青銅弁に準じ開発し、また水道水の赤水対策用として国土交通省公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)およびステンレス協会SAS 358規格に適合している高品質、長寿命の手軽に使用できるフランジ形とねじ込み形のステンレス鋼バルブです。

Sシリーズ

接続部がねじ込みタイプ(JIS B 0203)のバルブで設計基準はAシリーズと同等です。呼び圧力はクラス150、300でBシリーズのアップグレード製品です。各種特殊な仕様に対応できるシリーズです。

Cシリーズ

厚肉タイプのシリーズでAPI 600、JPI 7S-46に合致したハイグレードなバルブです。呼び圧力はクラス150から1500まで、低温・低圧から高温・高圧まで高耐食で幅広い使用条件に対応できるシリーズです。

Eシリーズ

管接続部がソケットウエルドタイプ(JIS B 2316、JPI-7S-36)のバルブで設計基準はAシリーズと同様です。呼び圧力はクラス300で管接続部より漏れを嫌う場合や配管をコンパクトに行う場合に適します。

AJシリーズ

Aシリーズにジャケットを巻き、ジャケット部に蒸気、熱媒体などを流し、流体の保温をはかる製品です。ただし、ジャケットの最高使用温度は260℃です。260℃以上で使用を希望される場合はお問い合わせください。
本体をすべて覆うフルジャケット構造のため、ポートサイズに対しフランジサイズは2サイズアップとなっております。呼び圧力150、300、10K、20Kをシリーズ化しております。

Kシリーズ

建設設備配管ラインの給油、給水用バルブとして、耐食性に優れたステンレス鋼を本体材質として開発した「Kシリーズ」は、バルブ部での腐食発生を防止し、ライフサイクルコスト低減にも大きな効果を発揮します。また、フランジ形ゲートバルブ、ねじ込み/フランジ形チャッキバルブの面間寸法と管接続部は、JIS規格に合致しています。

カタログダウンロード

こちらのカタログは、手動弁のご紹介です

自動弁はこちら

ベローズシールグローブバルブ

グランド部は成形ベローズとグランドパッキンの2重シールで保護していますので、外部漏れがありません。

ランニングコストの低減

流体の外部漏れがありませんので、余分なエネルギー消費が防げます。

バルブ材料はステンレスとダクタイルの
2種類をラインナップし幅広い流体に対応

本体材料にはオーステナイト系ステンレス鋼とダクタイル鉄をラインナップ。 流体条件に合わせてお選びいただけます。グランド漏れがありませんので真空ラインにもご利用いただけます。
(ご使用になる流体および条件との適合性については、お問い合わせください。)

メンテナンスが容易

グランドパッキンの交換や増し締めが不要ですので、保守・管理に手間がかかりません。

流体の品質を保持

流体が外部と接触しないため不純物の混入がなく、流体の品質を守ります。

操作トルクの軽減

グランドパッキンの増し締めが不要なので、ステムの押し付けによるハンドル回転の干渉がなく、小さいトルクで開閉操作できます。

ベローズシールグローブバルブの使用範囲

  • 圧力─温度特性

    バルブ本体については、JIS B 2220/ASME B 16.34の圧力・温度基準に準拠した設計となっていますが、選定の際は、ベローズの圧力・寿命についても考慮してください。
    なお、この使用範囲を超えて使用する場合は、当社までお問い合わせください。また、流体状態により適用できない場合がありますので、使用条件をご連絡ください。

  • 圧力と寿命の関係

    この値はベローズバルブ寿命試験によるテスト結果で、繰り返し開閉寿命の値を示しています。この値よりも更に長期の寿命を必要とされる場合はご相談ください。
    (MSS SP117準拠)

カタログダウンロード

Magazine

メールマガジン登録

サポート情報・新製品情報・
お得情報などをお届けいたします

新規会員登録

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。
クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「クッキーポリシー」をご覧ください。

×

×

closeメルマガ配信中
ご登録はこちら

PAGE TOP