メールマガジン登録

高温用カーボタイトシート・ボールバルブ

ボールシートにカーボンを採用した高温用
ボールバルブにおけるシート部は、シール性の点から大変重要ですが、これまで一般に摩擦性、耐食性に優れたPTFEが使われてきました。しかし、低温あるいは200℃以上の高温での使用は体積変化が大きく、また荷重によってクリープが起こり150℃/1.96MPa程度が許容限界です。これまで充填剤などを加え性能向上に努めましたが、期待する性能を十分に得ることはできませんでした。
カーボタイトシート・ボールバルブは、従来から知られているカーボンをボールシート用に開発し、最高使用温度が500℃に耐える性能を発揮するボールバルブです。

特長・仕様

  • 最高500℃までの高温に使用できます。※
  • 流れ方向は両方向使用できます。
  • カーボンは電気の良導体であるため、静電気帯電防止機構は不要です。
  • 圧力損失が少ない。(フルボア形)
  • サイドエントリー型のため、分解・メンテナンスが容易です。
  • 火災の場合でも、シートが焼失することがありませんので、本質的にファイアーセーフ機構を有しています。

※酸化性流体の場合の最高使用温度は450℃となります。

シート許容漏れ量

  • 水圧漏れ“0” 性能のバルブです。
    気体圧(空気または窒素ガス)※
    ※ANSI/FCI 70-2クラスVIで許容漏れ量を規定
  • 高圧ガス認定品又は検査圧力指定時
    シート漏れ量(mℓ/分)=21.75×口径(インチ)×差圧(MPa)
    試験流体:空気

製品仕様

本体 2ピースフランジ形
肉厚 ASME B16.34 クラス150
面間 ASME B16.10 クラス150
管接続 JIS B2220 10K/20K ASME B16.5 クラス150/300

カタログダウンロード

※カタログP48

Magazine

メールマガジン登録

サポート情報・新製品情報・
お得情報などをお届けいたします

新規会員登録

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。
クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「クッキーポリシー」をご覧ください。

×

×

closeメルマガ配信中
ご登録はこちら

PAGE TOP